TOP > プロフィール「阪神児童画研究会のあゆみ」

「阪神児童画研究会のあゆみ」

阪神児童画研究会の発足

阪神児童画研究会は1981年に阪神間で、子どもの絵画造形教室を主宰するメンバーが集まって児童画展を開催する目的で結成されました。合同で展覧会を開催することで会場や運営費の問題が少なくなり、展覧会としての可能性が広がりました。

「ぼくとわたしの児童画展」は、個人作品の発表の場として県民会館で第一回展が始まりました。

共同制作の開始

1984年からは共同制作展示が始まりました。子どもたち全員で共通のテーマに取り組み、みんなで同じ世界を表現するのが目的です。一人ひとりの工作がたくさん集れば、大きな世界が表現できることを子どもたちが体験できるようになりました。

阪神淡路大震災を経て

1995年、阪神淡路大震災により、1995年1996年の2年間の活動は休止になりましたが、1997年に「ぼくとわたしの児童画展」を再開しました。

北野工房のまちに

2005年の第23回展から児童画展会場を神戸市立北野小学校跡地である「北野工房のまち」に移しました。また阪神・淡路大震災10周年記念事業に参加したことで、地域の子どもたちに工作の楽しさを広げようと、子どもたち誰もが工作を楽しめる「ワークショップ」を始めました。

併設について

2006年から、「ものを作る楽しさ」の展開として、お父さんお母さんにも共感してもらう併設展を企画しました。ミュージシャンであり一人の父である ジョンB氏(ウルフルズ)著の「父子手帖」の文章や写真と、児童画展に参加している子どもたちの絵や工作のコラボレーション展示が始まりました。
2011年の東日本大震災の年からは、被災地の小学校に画材を送るためのチャリティーを続けています。共同制作の中でのチャリティーコンサートは児童画展ならではの他に類のない舞台で、毎年ジョンB&ザ・ドーナッツ!のみなさんが演奏してくださいます。また子どもたちが絵付けをした風鈴やうちわ、まねき猫で募金販売をして義援金を募っています。(詳しくは展覧会の紹介・これまでの展覧会 参照)

「ぼくとわたしの児童画展」イメージ 「ぼくとわたしの児童画展」イメージ 「ぼくとわたしの児童画展」イメージ 「ぼくとわたしの児童画展」イメージ
TOP プロフィール 教室の紹介 お問い合わせ 展覧会の紹介 ページの先頭へ